診療案内
Consultation

一般歯科治療(保険)とは

 

成人歯科・小児歯科・口腔外科といった特殊な歯の治療以外の虫歯治療や歯周病の治療、義歯の作成など、通常患者が歯科医院に通院した際に受ける治療のことをいいます。

その治療の多くが、保険の範囲内で行われることが多いことから、保険治療=一般歯科

という方もいます。但し、保険制度の制約がありますので、同じ治療法でも治療に資料する材料等の違いによっては、保険診療ではなくなるケースもあります。

以下、治療の詳細概要になります。

コンポジットレジン修復

虫歯の部分だけを取り除き、その場で直接合成樹脂を充填して修復処理を行うものです。

インレー

直接樹脂を充填できない場合に歯を削り、型を取り、鋳造して製作した金属の詰め物を装着する処置です。

クラウン

歯冠全体を金属で覆う被せものです。

硬質レジン前装冠

金属フレームに合成樹脂を一体化させたクラウンです。

主に前歯に使用します。

ブリッジ

なんらかの理由で歯を失った部分に前後の歯を削って一体化

させた補綴物です。

義歯

何らかの理由で歯を失った部分を補う取り外し式の補綴物です。(部分床義歯・総義歯)

シーラント

奥歯の噛む面はでこぼこで溝が深い為、磨き残しが多く、虫歯になりやすい部位です。あらかじめその溝を特殊な樹脂で埋めておくことで、磨き残しが残りにくくなり虫歯予防になります。

知覚過敏

知覚過敏

虫歯でもないのに、冷たい(温かい)物、酸味の強い物を飲食したり、歯磨きしたとき、歯に風が当たったりした時など

一時的に歯がしみる症状のことです。

『歯がしみる=知覚過敏』と思っても実は虫歯だった、

歯周病だったということも珍しくはありません。

早めに歯医者に診て貰いましょう。

歯周病治療

歯の中には、『歯髄』と呼ばれる神経や血管を含む組織があります。虫歯や外傷によって歯髄が感染したり壊死(えし)したりしてしまうと、歯髄を取り除く根管治療が必要になります。また、一度根管治療を行ったにも関わらず再び根管が感染してしまったり、感染が残っていたりする場合は再根管治療が必要となります。

歯周病菌に感染し、歯肉が腫れ、出血し、最終的には歯が抜けてしまう、日本人が歯を失う最も大きな原因となっている歯の周りの病気の総称です。

 

 ・軽度の治療(歯磨きすると出血する時の治療)

  毎日のブラッシングで歯垢を取る為の指導

  歯石の除去

 

 ・中/重度の治療(出血、膿が出る、歯が動く)

  歯と歯肉の間がはがれて出来る歯周ポケット。

  その中に歯石がへばりついています。歯肉が腫れている

  と歯石は外からは見えません。内部では歯を支える骨も

  溶け始めています。歯を支える骨が半分くらいまで溶け

  てしまうと、歯肉の手術をする場合があります。

  歯肉をはがして歯石を取ったり、悪い歯肉そのものを取

  り除いてしまう場合もあります。

 

歯周病・口臭治療

歯を失う最大の原因は歯周病(歯槽膿漏)です。

以下の特徴があります。

  • 歯ぐきから血が出る

  • 一生懸命に歯を磨いているのに口臭がある

  • 朝起きたら口の中がネバネバする

  • 歯と歯の間に物がつまるようになった

 

歯周病は、お口の中のバイ菌により歯の周りの組織(歯ぐき)に炎症が起き、歯ぐきが腫れたり出血しやすくなり、歯を支えている骨が溶けていく病気です。

ほとんど自覚症状が無く、じわりじわりと進行していきます。

歯肉炎、軽度の歯周病

中程度の歯周病

歯肉溝に歯垢(プラーク)が溜まり、歯周ポケットができ始めます。歯肉は炎症を起こし、少し赤みを帯びてきます。

歯磨きでの出血もみられます。

 

〈治療の進め方〉

 プラークコントロール(歯石を取ったり、患者様に合った

 正しい歯磨き)を行えばほとんど改善します。

歯肉の炎症は進み、深くなった歯周ポケットからは出血や排膿を伴います。歯槽骨の吸収も進み、歯がぐらぐらし始めます。口臭もするようになります。噛む時の痛みが出るようになります。

 

〈治療の進め方〉

 軽度のものに比べて時間が掛かりますが、原因菌の除去

 と正しい処置・必要な指導を受けて毎日実行すれば、ま

 だまだ歯を抜かずに済む事もあります。

 

予防歯科・メンテナンス

治療のゴールはメンテナンスのスタートでもあります。

健康になった患者様のお口を再び悪くしないように、これからも長く良い状態を保って頂くために(予防歯科・メンテナンス)の定期検診は大変重要です。

 

  • メンテナンス

自覚症状がなく進行していく歯周病を悪化させない為に、定期的な管理(メンテナンス)は欠かせないものです。

歯周病の進行している方や虫歯の危険度が高い方は、2~3ヵ月に一度の歯科衛生士による専門的なお口の清掃・相談・アドバイスをさせて頂きます。

 

  • 予防歯科

健康な状態を維持していくための、3~6ヵ月に一度の歯科衛生士による爽快・快適なプロフェッショナルクリーニングです。

嫌な治療はこりごり、治療の為だけではなく一生自分の歯でおいしく食事をするのを目標に歯科医院に定期的に通いましょう。

予防・メンテナンスのお手伝いをさせて頂きます。

 

ホワイトニング

コーヒー・紅茶の色素が歯の表面のエナメル質の内側に沈着してしまった場合や、年齢を経てだんだんと歯が黄色くなってきた場合などは、クリーニングでは歯を白くきれいにすることができません。そんなときはホワイトニングという方法があります。

歯の表面に薬剤を塗って漂白する方法や、自分の歯に合わせてつくられたトレーにジェル状の漂白剤を注入して歯に沈着する方法などがあります。

インプラント

 

何らかの原因で歯が失われた頬の骨に、人工の歯茎を埋入しそのうえに人工の歯冠を取り付け、天然の歯と同じように機能させること、または治療法のことです。

これまでは、義歯、ブリッジ等が主流だった歯科補綴治療の概念を覆すシステムで、あたかも自分の歯のように食べ物を噛むことができるようになります。

 

  • インプラントの構造

現在最も普及しているインプラントの構造は、上部(人工歯冠)、上部と下部をつなぐ役割を果たす支台部(アバットメント)、歯槽骨に埋入されているため外からは見えない下部(人工歯根・インプラント)から成り立っています。

インプラント治療をおおまかにまとめると、歯の歯槽骨(頬の骨)部分に穴をあけ、そこに人工歯根(インプラント)を埋入して、これが歯槽骨と完全に結合・安定した段階で支台部(アバットメント)を取り付け、その上に人工歯冠をはめ込むというのがアウトラインになります。

 

  • インプラントの素材

人間の体内に埋め込むインプラントの素材にはチタンが使われています。チタンは人体が拒否反応を起こすことなく、半永久的に結合する安全性の高い物質です。

  • インプラントの費用

インプラントの相談料、CT撮影料は無料です。

(必要に応じて、CT撮影を行い、治療方針の提案をしていきます。)

インプラン金額 1本 23万円​〜

 

往診・訪問歯科

治療や予防などの医療行為を通じて、患者様のお口の健康のお手伝いをしていきたいと当医院は考えております。少子高齢化の現状で、高齢者が要介護状態にならない様に介護保険制度が導入されましたが、介護予防に口腔機能の向上(口腔ケア)の重要性が叫ばれるようになっています。楽しく食事する、よく噛んで十分な栄養をとる、お口の健康は幸せの原点です。

 

  • 寝たきり、歩行困難など通院できない方の為の往診です。

  • 当医院とご自宅まで16Km圏内の往診が可能になります。

  • 往診・訪問歯科の内容

義歯の作成や調整、虫歯の治療、口腔ケアなど幅広く対応できます。基本的には院内と同様の治療ができる素材を揃えています。

  • 訪問診療の費用

健康保険の範囲で行いますので、健康保険証を提示ください。(交通費は頂きません)費用は負担割合により変わりますので事前にお電話いただければおおよその目安をお知らせいたします。

Copyright (C)

INOUE DENTAL CLINIC,

All rights reserved.

TEL:045-833-1640